2000Jr.トライアルFinal

11月 26日  日光サーキット

天候:ドライ  参加:64台

 2000年最後となった今日は、何故か暖かい1日で非常に気持ちがいい日でした。そんな中、1年の締め括りに相応しい戦いが繰り広げられた。

 フリー走行クラスは講師にスピリッツ太郎、ろっく☆おん又吉の2名で9台のドライバーを密着して教わったおかげでメキメキと効果を上げ、次はレースまで行っても大丈夫でしょう。

 レースの方はD4からスタートした。最近ホンダ勢にトップ集団を形成され屈辱だった高階86がポール、決勝も危なげない走りで初優勝を遂げた。2位に金子EG6、3位にやはり屈辱をバネにした石井86が入った。シリーズチャンピオンは前回で決めた原田選手。

 D3はシリーズポイントトップ3が予選から熾烈な戦い。決勝は福島DC2が優勝しか道がなく、約束どうり最初にチェッカーを受けるが3位に中村EG6が入りチャンピオンは中村選手の物となった。2位を走る野崎DC2は後半追い上げ、福島にテールtoノーズまで来るが及ばず。

 D2は予選一列目は2台のMR2が並び、ポールの足立原SWはそのまま逃げ切り優勝。2位は小林SWをパスするのに時間がかかったが、すばらしいブレーキングで浮上してチャンピオンを決めた日下部S15。3位に小林が入る。

 D1は予選からGTR3台の戦いとなった。圧倒的な速さで優勝、チャンピオンを決めた磯部32GTR。2位千葉33GTR、3位惜しくもチャンピオンを逃した日東寺FCが入る。


DIVISION1              参加台数 8台

順位

ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
磯部 尚也 BNR32 44”089 1
千葉 貴裕 BCNR33 44”593 2
日東寺 徹 FC3S 45”264 4
小島 里恵 FD3S 45”963 6
高橋 悟 FC3S 45”883 5
村田 英樹 FC3S 46”266 7
PP 磯部 尚也 BNR32 44”615


DIVISION2                参加台数 15台
順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
足立原 寛 SW20 45”113 1
日下部 陽一 S15 44”430 3
小林 祐介 SW20 44”722 2
染谷 太一 RPS13 45”013 4
宮田 幹夫 HCR32 45”529 5
永井 勝 RPS13 45”517 8
PP 足立原 寛 SW20 44”013


DIVISION3                参加台数 8台
順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
福島 伸彦 DC2 44”355 1
野崎 正浩 DC2 44”316 2
中村 充 EG6 44”797 3
藤井 誠 DB8 45”730 5
大塚 英雄 PS13 45”708 4
加藤 哲也 SXE10 45”893 7
PP 福島 伸彦 DC2 43”899


DIVISION4                 参加台数 24台
順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
高階 健 AE86 44”170 1
金子 慎一 EG6 44”347 4
石井 重則 AE86 44”548 6
徳江 祐介 EK4 44”424 9
仲本 実 EF9 44”364 2
大沢 謙一 EF8 44”825 5
PP 高階 健 AE86 43”821