2001Jr.トライアルROUNDT

1月13日  筑波サーキット

天候:ドライ  参加:27台

 ストリートラジアルで戦われるJrトライアルシリーズが開幕した。寒い中、最速との併催で筑波サーキットより始まるシリーズは今年8戦中の1戦目、決勝は7周で行われた。

 D1とD2の混走から始まった。ポールはD1千葉33GT−R、決勝はD1千葉と志賀32GT−Rの対決、千葉は1度もトップを譲る事なく優勝、2位の志賀は付いて行くのがやっとだがトップ差0.7秒まで詰め寄った。総合3位D2の優勝は千葉MR2、初出場初優勝を遂げた。総合4位D2の2位岡崎PS13、総合5位D2の3位は大山S14、総合6位D1の3位村田FCとなった。

 D4は予選唯一7秒台に入れた徳江EK4がポール。決勝スタートすると徳江対富永CR−Xの一騎打ちとなったが徳江は終始安定した走りで優勝、2位は富永、この2台は筑波を得意とするドライバーなのでこらからのシリーズの行方はどうなるかわからない。3位は木村EK9で中盤、高階AE86をパスして表彰台をゲットした。


DIVISION1   参加台数 6台

順位

ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
千葉 貴裕 BCNR33 1”07”463 1
志賀 篤史 BNR32 1”07”818 2

村田 英樹 FC3S 1”10”395

5

井原 英幸 BNR32 1”09”992 4
金子 邦雄 R32 1”10”378 3
PP 千葉 貴裕 BCNR33 1”07”296


DIVISION2   参加台数 5台
順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
千葉 秀貴 SW20 1”08”876 1
岡崎 佐輝郎 PS13 1”09”425 3
大山 卓 S14 1”08”862 2
貝塚 茂 HCR32 1”13”851 5
PP 千葉 秀貴 SW20 1”08”832


DIVISION4   参加台数 15台
順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
徳江 祐介 EK4 1”08”659 1
富永 史隆 EF8 1”08”535 2
木村 頼崇 EK9 1”09”029 5
高階 健 AE86 1”09”014 3
稲本 正之 AE86 1”09”912 6
鈴木 耕平 AE86 1”11”073 9
PP 徳江 祐介 EK4 1”07”869