2001Jr.トライアルシリーズROUNDW

5月6日  日光サーキット

天候:ドライ  参加:57台

天気がよくトレーナー1枚ぐらいが丁度良い気温で路面温度はやや高め、タイムはあまり期待できない1日となった。

 D4からレースはスタートした。決勝全クラスの中で唯一43秒台を出した徳江EK4が優勝、ポイント争いも独壇場となった。2位松下EG9、3位富永EF8とホンダが表彰台を飾った。

 D3は、インテグラ5台のトップ集団、スタートからチェッカーまで5台の攻防となった。目が離せない戦いを制したのは西井DC2がチャンスを逃さない走りで優勝、PPを取りつつスタートで3位に落ちたが着実な走りで2位をゲットしたのは中村DC2、スタートからトップをキープしていたが後半ちょっとしたミスで3位の森田DC2、楽しいレースを見せてくれた。

 D2は、18台の同時コースインで行われたこのクラスはクリアを取るのが難しい1日となった。そんな中、終始安定してポールtoウィンを飾ったのは加藤CP9A、2位は予選6位から上手く混乱をすり抜けた千葉SW20、ポイント争いがますます過激になります。3位は吉越S14今後が期待出来る。

 D1は、予選から敵なしの状態で千葉BCNR33が決勝も行ってしまうのかと思われたがやはりレースは何があるかわからない、スタート有利なはずの千葉はフライングスタートを取られ10秒のペナルティーストップ。優勝は今回思うようなタイムが出なかった小倉JZA70が決めた。2位桜井FC、3位に長谷川FDとなった。


DIVISION1   参加台数 8台

順位

ドライバー 車名 レースベストラップ 予選

小倉 敦史 JZA70 45”179

2

桜井 英徳 FC3S 45”162 3
長谷川 仁 FD3S 47”195 6
越田 慎一 JZX90 47”295 5
千葉 貴裕 BCNR33 44”211 1
石井 孝明 UZS141 49”372 8
PP 千葉 貴裕 BCNR33 43”762


DIVISION2   参加台数 19台
順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
加藤 文也 CP9A 44”575 1
千葉 秀貴 SW20 44”817 6
吉越 真 S14 44”834 3
宮田 幹夫 HCR32 45”508 5
馬場 敦弥 S14 46”018 8
中村 太一 S15 45”973 7
PP 加藤 文也 CP9A 44”717


DIVISION3   参加台数 13台
順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
西井 貴生 DC2 45”271 3
中村 健嗣 DC2 45”243 1
森田 真一 DC2 45”232 2
中山 智 DC2 45”438 5
山崎 由大 DC2 45”728 4
加藤 哲也 SXE10 47”036 7
PP 中村 健嗣 DC2 44”393


DIVISION4   参加台数 17台
順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
徳江 祐介 EK4 43”896 1
松下 幸一郎 EG9 44”111 2
富永 史隆 EF8 44”413 6
金子 和孝 AE86 44”524 4
大沢 謙一 EF8 44”730 5
石井 桂輔 EF3 44”653 3
PP 徳江 祐介 EK4 43”798