2001Jr.トライアルシリーズROUNDX

7月29日  筑波コース2000

天候:ドライ  参加:51台

 猛暑が続いて体が慣れたせいか、意外と過ごしやすい1日となった。

 レースはD3からスタートした。予選3番手から上手く飛び出した西井DC2が1コーナーを制す、森田DC2、中山DC2の3台がトップ争いを形成、3台の接近戦は入れ替わることなくそのままチェッカーとなる。スタートが勝敗を決めるレースとなった。

 D1とD2の混走は、D1千葉BCNR33が他を寄付けない走りで圧勝。総合2位D2優勝は、初優勝となる矢崎RPS13、D1を押さえての堂々優勝。総合3位D1の2位は菅沼FD。総合4位D2の2位加藤CP9A、総合5位D2の3位千葉SW20、この2台のシリーズ争いがますます激しくなって来ます。

 D4は、22台の参加台数の中、注目は4台のシビックとCR−X、激しい争いの中初優勝を遂げた富永EF8、シリーズトップの徳江EK4が2位、3位にシリーズ2位の松下EG9とこれからの戦いが更に楽しくなった。


DIVISION1   参加台数 7台

順位

ドライバー 車名 レースベストラップ 予選

千葉 貴裕 BCNR33 1”07”231

1

菅沼 尚史 FD3S 1”08”687 2
池田 英明 FC3S 1”11”197 4
高橋 悟 FC3S 1”10”414 7
成島 和人 BNR34 1”10”681 3
鈴木 徹 HCR32 1”11”466 5
PP 千葉 貴裕 BCNR33 1”07”406


DIVISION2   参加台数 12台
順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
矢崎 崇成 RPS13 1”08”308 1
加藤 文也 CP9A 1”09”205 4
千葉 秀貴 SW20 1”09”231 2
宮田 幹夫 HCR32 1”09”489 3
岡崎 佐輝郎 PS13 1”10”296 5
鈴木 智彦 S15 1”10”406 7
PP 矢崎 崇成 RPS13 1”08”232


DIVISION3   参加台数 10台
順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
西井 貴生 DC2 1”10”245 3
森田 真一 DC2 1”10”184 1
中山 智 DC2 1”10”017 5
羽井野 淳 EK4 1”10”922 4
山崎 由大 DC2 1”10”434 6
岸 隆司 EP82 1”12”922 8
PP 森田 真一 DC2 1”08”790


DIVISION4   参加台数 22台
順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
富永 史隆 EF8 1”08”348 3
徳江 祐介 EK4 1”08”204 2
松下 幸一郎 EG9 1”08”267 1
大沢 謙一 EF8 1”08”701 4
細谷 佳正 AE86 1”10”557 12
金子 和孝 AE86 1”10”339 6
PP 松下 幸一郎 EG9 1”08”558