2005
日光フレッシュマンレース

2月27日(日)  日光サーキット

天候:ドライ  参加:74台

日光レコード大将 ホモなしB660耐久

 
R−DIVISION1  参加台数5台
(順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選)
1位 木村 忠博 GDB 44”459 B
2位 草下 雅樹 CT9A 44”594 A
3位 高橋 弘次 GC8 47”128 D
PP 渡辺 悟史 HCR32 43”275

R−DIVISION2  参加台数6台
1位 中村 和宏 S15 44”743 C
2位 神沢 雄一郎 S15 44”462 D
3位 滝沢 真弘 S14 46”451 E
PP 落合 正宗 PS13 42”993

R−DIVISION3  参加台数7台
1位 飯田 純一 NB8C 43”970 A
2位 阿部 聡 S14 44”547 B
3位 金井 正紀 DC5 44”215 @
PP 金井 正紀 DC5 44”015

R−DIVISION4  参加台数11台
1位 柏木 秀介 NA6CE 43”945 A
2位 安部 渉 EG6 44”665 B
3位 山口 博司 NA6CE 44”141 D
PP 荒木 央 AE86 43”445

S−DIVISION3  参加台数4台
1位 木村 公人 PS13 43”178 A
2位 坂東 篤 DC2 43”496 B
PP さとけん EF8 41”701

S−DIVISION4  参加台数7台
1位 永井 雅 AE86 44”075 A
2位 川島 正志 EF3 44”592 B
3位 波木井 啓文 EF8 44”412 C
PP 川島 正志 EF3 42”996

 
R-DIVISION1(5台)とR-DIVISION2(6台)混走による第一レース。 PS13落合、HCR32神戸、HCR32渡辺、FD3S相田の順で決勝スタート。 落合と神戸、渡辺と相田が、それぞれ序盤からテール・トゥ・ノーズでバトルを繰り広げる。 周回遅れをうまくかわした相田が渡辺と順位を入れ替えたが、 上位4台は予選の時点で規定タイムをクリアして、既に栄光の失格が決定していた。 DIVISION1では、スタートで順位をひとつ落とすも、我慢の走りでポジョションをふたつ上げたGDB木村が、昨年の最終戦に続いて2連 勝。CT9A草下、GC8高橋と続いた。 DIVISION2は、S15中村、S15神沢、S14滝沢の順。

  
R-DIVISION3(6台)とR-DIVISION4(11台)の、合計17台となった第二レース。 失格決定のAE86荒木が、スタートからトップを独走。 続くNA6柏木は、スタートでポジションをふたつ落としたがクラストップをキープし、 DIVISION4優勝。DIVISION3は、スタートでうまくポジションを上げたNB8C飯田が優勝。 逆にクラス予選トップだったDC5金井は3位でゴール。S14阿部が2位に上がった。 一方、DIVISION4の2位争ではEG6同士の安部を竹中が抜ききれず、安部が2位。 ところが果敢に攻めた竹中が決勝レース中に規定タイムをクリアして失格となる。 3位にはNA6山口が入った。


S-DIVISION3(3台)、S-DIVISION4(7台)混走の第三レース。 決勝スタート直後の1コーナーでスピンしたEP82森がドライブシャフト破損で コース上で立ち往生し、1周目に満たないうちに赤旗中断となった。 おかげで、4コーナー立ち上がりでスピンしたEF8さとけんは、再スタートを無難にこなしトップでゴール。しかし、いくら速く走っ ても規定タイムをクリアしまっては、ただの失格。 DIVISION3はS13木村が昨年末に引き続き優勝。2位はDC2坂東。DIVISION4はEF3川島をAE86永井が抜き優勝。3位はEF8波木井。

フリー走行、予選、決勝を通じて規定タイムをクリアしたドライバー達は 失格となり章典外だが、代わりに最速シリーズに無償招待される。 なお、上位にはランクインしなかったが、女性ドライバーも随所で活躍が見られた。 DIVISIONクラスへのエントリーも勿論大歓迎だが、女性ドライバー同士の熱い戦いも 是非見てみたい。最速シリーズへのステップアップの登竜門としても定着してきた、 日光フレッシュマンレースも、今年で3シーズン目となり、 エントリー台数も増え盛り上がってきた。 一歩足を踏み入れ、その楽しさを味わったら もう抜け出せないサンデーレースの世界。 どんな人でも気兼ねなく参加出来る、このフレッシュマンレースは、 秋には残る2レースが開催される。 一人でも多く、この楽しみを体験出来ることを願ってやまない。