2005 日光フレッシュマンレース2
日光ホモなしB6601時間耐久

10月8日(土)  日光サーキット

天候:ドライ&ウエット  参加:31台



2クラス3台が混走のフレッシュマン第一レース。R−DIV1のCT9A草下とGDBB池内が予選で激しく順位を入れ替え、最終ラップの逆転に次ぐ逆転で、草下がポールを獲得。スタートでは、草下、池内、S−DIV2のSW20大木の順で順当にスタート。草下、池内の差は終始変わらず、草下、池内、大木の順でゴールしたが、草下、池内は予選中に43秒台を記録したため規定により失格。代わりに最速GCへ招待となった。
S−DIVISION2  参加1台 
(順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選)
1位 大木 博惣 SW20 46”992 @
PP 大木 博惣 SW20 46”832

R−DIVISION1  参加2台
失格 草下 雅樹 CT9A 44”469 @
失格 池内 伸章 GDBB 44”671 A
PP 草下 雅樹 CT9A 43”917



フレッシュマン第二レースは4クラス混走11台。予選では、S−DIV4のAE86杉本が失格タイムで総合ポール。スタートでは、総合4位のAE86北口が総合3位の同クラスNA6柏木をパスし、最後尾からはEF9い〜ちゃん☆が大幅にジャンプアップ。総合優勝は、1周目バックストレート奥で杉本をかわした後、独走のDC2新井が獲得。総合3位以下は混戦の中、S−DIV4ではAE86北口が1イベント2勝という稀に見る快挙。R−DIV4ではEK9佐々木がスピンで脱落し、EG6佐藤が優勝。EF9い〜ちゃん☆、AW11戸高と続いた。
S−DIVISION3  参加3台  
1位 新井 孝保 DC2 46”267 @
2位 赤坂 英一 NA8 47”084 A
PP 新井 孝保 DC2 43”541

S−DIVISION4  参加3台  
1位 北口 努 AE86 47”084 B
2位 柏木 秀介 NA6CE 47”763 A
失格 杉本 龍彦 AE86 46”763 @
PP 杉本 龍彦 AE86 42”862

R−DIVISION3  参加1台  
1位 松澤 景子 DC2 47”993 @
PP 松澤 景子 DC2 45”165

R−DIVISION4  参加4台  
1位 佐藤 あすか EG6 48”462 A
2位 い〜ちゃん☆ EF9 47”853 C
3位 戸 弘幾 AW11 47”739 B
PP 佐々木 義博 EK9 44”668

日光フレッシュマン規定により、Sクラス42”999以前 Rクラス43”999以前
のタイムを記録した場合は、失格となり日光最速GCに招待される 



  
B660  参加4台
予選では矢島・ナリタダ・しんいちJA4が2位にコンマ5秒差を付け予選1位となったが スタートは逆ポール。 序盤はハーフウェットで難しいコンディションの中、 2位スタートの安作・鈴木KK3がスピンで、太田・北口JW3が2位に浮上。 太田・北口JW3と矢島・ナリタダ・しんいちJA4が、他車2台を周回遅れにして 同一周回でトップ争いを続けるが、太田・北口組スタート時のハンデ差をキープする。 終盤のドライバー交代で、矢島・ナリタダ・しんいち組が一気に差を縮めるが、 予選時を上回る好タイムで太田・北口組が夏の2時間に続き優勝。  
(順位 車名 ドライバー 型式 ベストラップ 周回数 トップ差)
1位 66。Today 太田 博之

北口 努
JW3 51”528 66lap -
2位 食事王トゥデイ 矢島 かづし
ナリタダ イスケ
しんいち
JA4 51”992 66lap 25”990
3位 びびびびびびおっ 安作 康利

鈴木 宏章
KK3 53”125 64lap 2lap
4位 CRクラブ・トゥデイ 風間 輝孝
萩沼 貢一
天野 東行
JA2 54”462 62lap 4lap
PP 食事王トゥデイ 矢島 かづし
ナリタダ イスケ
しんいち
JA4 52”005