2006日光最速グランドチャンピオンシップROUND5
日光フレッシュマンレースROUND3
日光レコード大将2

10月8日(日)   日光サーキット

天候:ドライ   参加:71台

Rクラス フレッシュマン レコード大将


TSマスターズ 参加11台
往年の名手達が揃ったTSマスターズは、予選ヒートの順位を逆順にして ローリングスタート。予選ヒートで次々と順位を上げたAP1中島、 EF8とら♪が、またもや最後尾から徐々に順位を上げていく。 DC2佐藤に並びかけるところまで中島が追いついたところでチェッカー。 一か八かの戦略に賭けたAP1BROS☆MANOが見事な戦略勝ちで ポールToフィニッシュを飾った。
(順位 ドライバー 型式 ベストラップ 予選)
1位 BROS☆MANO AP1 42”040 @
2位 佐藤 宗徳 DC2 41”833 A
3位 中島 保典 AP1 40”429 A
4位 徳江 祐介 EK4 40”948 C
5位 とら♪ EF8 40”930 I
6位 甲斐 儀宏 DC2 41”905 B
7位 コージー8世 EF9 41”463 C
8位 YF☆RK EG6 41”413 J
9位 関根 正幸 NA1 42”613 G
10位 横山 隆 BCNR33 44”075 F
PP BROS☆MANO AP1 43”032

TS 参加4台  
混走のためローリングスタート。 SS総合PPの SS総合4位のFD3S内田が1周目バックストレート奥でFD3S中澤の インを刺し、続いてRPS13吉田も抜き、総合2位までポジションを 上げる。トップFD3S原口の独走を上回るタイムで内田が差を詰めるが、 背後に追いついたところでチェッカーとなる。 吉田に続く、FD3S中澤、S15上沼、RPS13永井、GDB木村の 各車は最後まで接線ののままゴールとなった。
(順位 ドライバー 型式 ベストラップ 予選)
1位 原口 一義 FD3S 40”802 @
2位 内田 健一 FD3S 40”519 A
3位 上沼 研也 S15 41”206 B
4位 木村 忠博 GDB 41”500 C
PP 原口 一義 FD3S 40”802

S−DIVISION2 参加3台 
1位 吉田 保生 RPS13 41”369 @
2位 中澤 栄一 FD3S 41”388 A
3位 永井 勝 RPS13 41”231 B
PP 吉田 保生 RPS13 41”220

S−DIVISION3 参加4台  
各車SSの順位通りに順当にスタート。 トップスタートのEG6YF☆RKはそのまま独走、今期4勝目で チャンピオンも獲得。続くS13藺草、AE86高階、DC2本田の接戦は 最後まで変わらず。高階はクラス全勝でS-DIV4チャンピオンとなった。
1位 YF☆RK EG6 41”030 @
2位 藺草 りゅう S13 41”057 B
3位 本田 正樹 DC2 41”347 A
4位 岡本 明大 AP1 41”891 C
PP YF☆RK EG6 40”433

S−DIVISION4 参加3台 
1位 高階 健 AE86 41”333 @
PP 高階 健 AE86 41”044

top