2006日光最速グランドチャンピオンシップFinal
日光フレッシュマンレースFinal
日光レコード大将3

11月26日(日)   日光サーキット

天候:ドライ   参加:64台

Rクラス フレッシュマン レコード大将

TS 参加7台  
FD3S原口、AE86大内、AE86諏訪、GDB木村の順でスタート。 各車順調にラップを重ねる中、大内・諏訪の間隔が詰まりAE86同士の 対決が始まる。諏訪が大内を追い詰めるが、高速コーナーで諏訪がスピン。 奇跡的に立ち直った諏訪が今度は3位木村を追い立てるが抜くまでには至らず そのままゴール。終盤2連勝を勝ち取った原口を1ポイント差で抑えて FD3S内田がTSチャンピオンを獲得した。
(順位 ドライバー 型式 ベストラップ 予選)
1位 原口 一義 FD3S 40”216 @
2位 大内 克夫 AE86 40”839 A
3位 木村 忠博 GDB 41”209 C
4位 諏訪 知己 AE86 40”777 B
5位 内田 健一 FD3S 40”990 E
PP 原口 一義 FD3S 40”353

S−DIVISION1 参加1台
 
4クラス混走となってしまったSタイヤクラス。 重量差の混乱を無くすためのローリングで、各車が順当にスタート。 RPS13吉田、DC2本田、RPS13永井の3台がトップグループを形成する。 3位の永井が、序盤・終盤と本田の隙を狙うが、本田が最後までポジションをキープ。 そのまま、吉田が復活後、総合で初勝利を飾った。
1位 川村 豪 BCNR33 42”398 @
PP 川村 豪 BCNR33 42”158

S−DIVISION2 参加3台 
1位 吉田 保生 RPS13 41”157 @
2位 永井 勝 RPS13 41”105 A
3位 田地野 篤 S14 42”553 B
PP 吉田 保生 RPS13 40”914

S−DIVISION3 参加3台 
1位 本田 正樹 DC2 41”014 @
2位 イコネン DC2 41”943 A
3位 羽井野 淳 EK4 42”838 B
PP 本田 正樹 DC2 40”949

S−DIVISION4 参加1台 
1位 木村 公人 AE86 42”553 @
PP 木村 公人 AE86 43”095

top