2008日光最速グランドチャンピオンシップROUND2
日光フレッシュマンレースROUND2
TSマスターズ
日光NA660軽耐久ROUND1.5

4月26日(土)   日光サーキット

天候:ドライ   参加:24台

フレッシュマン NA660

 
TSマスターズ 参加2台   

TSクラスのFD3S原口がフリー走行中にエンジンブロー。7周の予選ヒートは、TSマスターズPS13早川とAP1森田の一騎打ちとなり、フリー走行のタイヤ選択ミスで伸び悩む森田を早川が引き離してゴールとなった。決勝では、原口がピットスタートを試みるも断念し、逆グリッド森田、早川の順でローリングスタート。序盤は早川が余裕を見せ、敢えて森田を独走させたところから怒涛の追い上げで背後に迫る。バックストレート奥で森田のインを早川が刺すが、勢い余ってオーバーラン。その後も所々で早川が仕掛けるが、ギリギリの線で森田が堪える。最終ラップの高速コーナー立ち上がりでは、インに振った森田の更に内側をダートに乗り上げながら早川が攻め立てるが、森田が押さえきりそのままゴール。TSマスターズならではの見応えあるレース展開だった。
(順位 ドライバー 型式 ベストラップ 予選)
1位 森田 真一 AP1 41”903 A
2位 早川 政仁 PS13 40”969 @
PP 早川 政仁 PS13 41”285

 
R−DIVISION1
参加2台   
前戦初勝利のCP9A山口が、フリー走行でタービンブローでリタイヤとなり、決勝グリッドに付いたのは、CT9A長谷川1台。緩急を付けた走りでタイムを相手に孤独な戦いを挑む。果敢なアタックで途中スピンをを喫する程コースを攻め、堂々と勝利を掴んでポイントリーダーに立った。
(順位 ドライバー 型式 ベストラップ 予選)
1位 長谷川 友康 CT9A 41”826 @
PP 長谷川 友康 CT9A 41”660

 
R−DIVISION3
参加4台  
フリー走行でエンジンブローによりAP1丸山がリタイヤとなり、決勝はS2000の3台。梅沢、栗原、戸の順で順当にスタートとなった。3台とも付かず離れずのハイペースで周回を重ね、そのままゴール。梅沢が今期初勝利を勝ち取った。
1位 梅沢 茂美 AP1 41”829 @
2位 栗原 謙二 AP1 41”865 A
3位 戸 弘幾 AP1 41”888 B
PP 梅沢 茂美 AP1 41”646

 
R−DIVISION4
参加7台
最多エントリーとなったラジアルDIVISION4クラスは、新旧シビック6台とハチロク1台の対決となった。フリー走行からトップを譲らないポールEJ1相田に続いたのは、セカンドロー4番手からEG6谷内、EF9飯泉を抜き去ったEF9大澤。後続をやや引き離した相田は、2連勝を飾った。フリー、予選を通じて全体が僅差の後続は、随所で接戦が見られ、最後まで隊列が途切れることなくゴールとなったが、大澤のスタートがフライングと判定され、タイム加算のペナルティによる降着で劇的な幕切れとなった。
1位 相田 圭介 EJ1 42”476 @
2位 飯泉 淳一 EF9 43”041 A
3位 谷内 智之 EG6 43”317 B
4位 八下田 達哉 AE86 43”249 D
5位 宮田 玲 EJ1 43”266 E
6位 佐多 雄二 EK4 43”493 F
7位 大澤 謙一 EF9 43”135 C
PP 相田 圭介 EJ1 42”315

top