’99日光最速グランドチャンピオンシップROUND5

Jrトライアルファルケン杯ROUNDX

ホモなしスプリントシリーズ第3戦


9月19日  日光サーキット

天候:ドライ  参加:117台

各シリーズ共に残すところあと2戦、最終戦まで待たずしてチャンピオンが決定するクラスがあると思われます。

まだ気温は高く夏の暑い1日で行われた。

 第1レースはJrD4コンソレーションから始まった。DIVISION4は台数が多い為予選で2つに分けられ、いわゆる予選落ちレースであるがエントリーすれば必ずレースができて意外と面白い戦いがある。

 第2レースはJrD4、2連勝の岩田EF3対ポイントトップ小佐川AE86対決はコンマ1秒差で岩田がポールゲット、しかし3位に2位とコンマ05秒差で長谷FE3が着ける。スタートすると岩田43秒台のファーステストで逃げ切り優勝、1秒離れてチェッカーを受けたのは小佐川、これでチャンピオン争いは最終戦に縺れ込んだ。3位は堅く長谷が入った。

 第3レースJrD3、インテグラが非常に多いこのクラスやはりポールはDC2で坂東、2位NA8C山形はコンマ02秒差、3位牧野DC2は2位のコンマ05差、4位黒須DC2は3位のコンマ03秒差でレースはスタートした。坂東は危なげない走りで優勝、最終戦を待たずしてチャンピオンを決めた。2位に山形、3位は決勝に強い黒須がシリーズを逃したものの表彰台はゲットした。

 第4レースJrD2、予選トップの大里GC8が今日は敵なしという形でスタートから安定した走りで優勝、予選3位の小倉RPS13は1つポジションを上げるものの2位キープがやっと、確実に2位のポイントを稼ぎ、最終戦のチャンピオン争いに加わった。3位はスタートが速い小松SW20とバトルの末、日下部S14が表彰台に上った。

 第5レースJrD1は、Jrを今回最後に最速へステップアップする蓮池FC3Sが、ポールtoウィンを飾った。2位はめきめきと力をつけて来た池田FC3S、第4戦の覇者を押さえ切った事は次への自信に繋がるでしょう。3位は鶴野JZA80、今回優勝出来なかったのは最終戦がかなり厳しい事になった。

 第6レース最速D2、予選初のトップは西山S13だったがスペシャルステージで4台の順位はすべて代った。結局ポールシッターは掘込PS13、コンマ1秒差の争いとなった。スタートするとちょっとしたミスで掘込は4位に転落代って予選2位の宮平PS13がトップに立ちそのまま逃げ切って優勝、2位はなんと予選最後尾から驚異的な追い上げを見せた竹原RPS13、3位工藤RNN14が入りポイントリーダーとなる。

 第7レースはD3とD4の混走となった。予選トップは篠田NA8C、しかしSSでまたしても4台がすべて順位を入れ替える事になった。ポールはスピリッツ五郎EK9、スタート上手く飛び出し終始安定したペースで優勝、2位は2秒前半を連発して追うが届かずの篠田、総合3位に鏑木EF3はD4優勝、総合4位D4の2位風間EG6はチャンピオンに王手をかけた。総合5位D3の3位に阿部DC2、総合6位D4の3位は原田AE86。

 第8レース90’sと80’sの混走、アメリカンスタイルで左回りのローリングスタート、抜き所がなく予選オーダーどおりの結果となった。しかしバトルは凄まじい戦い、またコースが汚れたと言う理由でペースカーが入り気を許せません結局大山EP71がポールtoフィニッシュ、2位に小林EP71、3位仁科EP71、総合5位90’s優勝は倉持EP71チャンピオンを決めた。総合9位90’s2位は星EP71

 第9レースB1300はやはり左回りローリングスタートで始まった。フルノーマルの為イコールコンディション、ドライバーもつわものが揃ってだれもミスはしない。やはりコースが汚れたと言う理由でペースカーが入り凄まじいバトルを展開、優勝は江原EP71、2位に吉川EP71、3位は高久EP71、このレースも予選どおりの結果となった。

 第10レースはTS−TとTS−Vの混走となった。SSの4台はTS−Vが占めた。予選トップの友田AE86を金子AE86が逆転ポールシッターとなる。スタートすると友田がトップに立ち40秒台の争いは友田、金子、土澤AE86、後半オイルが出て全車のタイムは上がらず、そのままの順でチェッカーとなる。総合6位TS−T優勝でチャンピオンを決めたのはスピリッツ太郎、総合8位TS−T2位綾部FC3S



日光最速ROUND5

TS−T         参加台数 4台 TS−V         参加台数 9台
順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選 順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
スピリッツ太郎 S14 42”071 2 友田 直樹 AE86 40”444 2
綾部 修一 FC3S 42”048 3 金子 功 AE86 40”585 1
土澤 雅洋 AE85 40”619 3
エフドリダー戸辺 EF3 41”017 4
亀田 則夫 AE85 40”841 5
栄二小久保 AE86 41”728 6
PP 工藤 芳弘 PS13 41”383 PP 金子 功 AE86 40”763


DIVISION2        参加台数 8台
順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
宮平 浩志 PS13 43”221 2
竹原 秀明 RPS13 42”903 9
工藤 貴善 RNN14 43”175 4
掘込 利晃 PS13 43”208 1
西山 和男 S13 43”242 3
田鍋 秀和 SW20 44”832 6
PP 掘込 利晃 PS13 42”928


DIVISION3        参加台数 7台 DIVISION4        参加台数 6台
順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選 順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
スピリッツ五郎 EK9 42”816 1 鏑木 康輝 EF3 43”063 2
篠田 好雄 NA8C 42”466 2 風間 輝孝 EG6 43”454 1
阿部 茂樹 DC2 43”458 4 原田 格司 AE86 43”612 3
藺草 亮 PS13 43”709 6 横山 隆 EF9 44”330 5
岡野 典雄 BB1 43”585 3 高橋 祐之 AE86 44”972 6
沼尻 洋一 AE86 44”464 7
PP スピリッツ五郎 EK9 42”410 PP 鏑木 康輝 EF3 43”214


ホモなし第3戦

B1300         参加台数 8台
順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
江原 弘美 EP71 48“747 1
吉川 豊 EP71 48“347 2
高久 秀樹 EP71 48“634 3
田中 寛繁 GA2 49“456 4
村田 信博 EP71 49“444 5
河野 貴之 EP71 49“925 7
PP 江原 弘美 EP71 48“495


90’s1500      参加台数 2台 80’s1500      参加台数11台
順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選 順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
倉持 秀基 EP71 45“929 1 大山 裕司 EP71 45“423
星 武宏 EP71 47“615 2 小林 準一 EP71 45“323 2
仁科 成史 EP71 45“560 3
前田 清隆 GA2 45“690 4
小野田理智 EP71 45“932 5
天女目孝一 EP71 46“285 6
PP 倉持 秀基 EP71 46“137 PP 大山 裕司 EP71 44“975


Jrトライアル ファルケン杯 ROUNDX

DIVISION1  参加台数 10台
順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
蓮池 新太郎 FC3S 45”393 1
池田 英明 FC3S 45”607 2
鶴野 薫 JZA80 45”493 3
関根 透 BNR32 46”041 5
日東寺 徹 FC3S 45”609 6
三浦 洋一 JZA70 45”897 4
PP 蓮池 新太郎 FC3S 44”868


DIVISION2  参加台数 15台
順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
大里 尚 GC8 44”373 1
小倉 一浩 RPS13 44”602 3
日下部 陽一 S14 45”329 2
小松 潤也 SW20 45”418 5
尾崎 義孝 CE9A 45”685 8
矢島 和富 RPS13 46”323 9
PP 大里 尚 GC8 44”649


DIVISION3  参加台数  9台
順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
坂東 篤 DC2 45”091 1
山形 卓 NA8C 45”058 2
黒須 克巳 DC2 45”220 4
藤井 誠 DB8 47”015 7
大塚 英雄 PS13 47”236 8
鈴木 由美子 BB4 45”973 6
PP 坂東 篤 DC2 45”333


DIVISION4  参加台数 27台
順位 ドライバー 車名 レースベストラップ 予選
岩田 匠 EF3 43”968 1
小佐川 歩 AE86 44”043 2
長谷 幸司 EF3 45”158 3
石川 哲也 EG9 44”875 5
細谷 佳正 AE86 45”559 6
新井 敏弘 EF9 45”252 9
PP 岩田 匠 EF3 44”004